こうしたサイトはなかったですよね。専門サイトを参考に紹介しております。

私がおすすめしたいコツをまとめサイト。医療費控除とはのページです。

難しくてなかなか理解できない物をテキスト量にこだわってわざわざHPとして公開しています。

医療費控除とは

医療費控除は、一年間に10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告をすると、一定の金額を所得金額から所得控除を受けることができる制度です。一年間にかかった治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減されます。医療費控除の申請には、確定申告書と一緒に、医院からもらった領収書が必要です。領収書は捨てずにを保管しておきましょう。



矯正治療の保険適用は治療目的によって異なってきます。

容貌の美化を目的(美容目的)とする治療の場合は、矯正費用は医療費控除の対象にはなりません。しかし、 発育段階のお子様の成長の妨げにならないようにするための歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的からみて、「歯列矯正治療が必要」と認められる場合は、医療費控除の対象になります。

大人の矯正治療の場合は、見た目・容ぼうを良くすることだけが目的でなく、「咀しゃく障害の改善(かみ合わせの改善)」を主な目的とする場合には医療費控除の対象になります。

医療費控除の対象とするには、美容のための治療ではないことを示す歯科医師の診断書が必要となる場合があるので、治療前、医療費控除の対象になる症状かどうか、担当医に確認してみましょう。

また、控除が適用された場合の控除額は所得総額と医療費の額によって変わりますが、上限は200万円です。"

Copyright © 矯正歯科豆知識 All Rights Reserved.