こうしたサイトはなかったですよね。専門サイトを参考に紹介しております。

私がおすすめしたいコツをまとめサイト。矯正概要のページです。

体験談や豆知識を仕事の合間合間を縫いながらインデックス化、ぜひ見てみてね。

矯正概要

小児矯正とは、子供の時期に行う治療のことを言います。歯列矯正は大人になってからでも可能ではありますが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが可能だからです。



■始める時期

子供の矯正は、アゴの骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効だと言われています。この時期に矯正を行うことによって上アゴと下アゴの大きさのバランス、歯とアゴの大きさのバランスをある程度コントロールすることができます。可能であれば、この期間に治療することをおすすめします。



■小児矯正のメリット

・大人になってから矯正を行う必要がなくなる。大人になってもきれいな歯並びが維持できる。

・アゴが成長段階のため、アゴの成長をある程度コントロールできるようになる。そのため良い治療結果が得られやすい傾向にある。

・矯正で永久歯を抜く可能性が低くなる傾向がる。

・大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすい傾向にある。

・矯正期間中は1~2ヶ月おきに歯科医院へ通う必要があるので、その時についでに虫歯の予防をしてもらえば非常に効率的に虫歯予防の習慣がつく。



■小児矯正のデメリット

・小児矯正はほとんどの場合、アゴの骨の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなることが多い。(治療後に定期健診に行き経過を見守らなければいけない)

・矯正期間中は一時的に見た目が悪くなる。(矯正装置が見えたり、一時的に歯並びが悪い状態になったりする。)

・小児矯正を行っても、大人になってから再度矯正が必要になることがある。(特に受け口の場合には、大人になってから再度症状が出てしまい、外科矯正が必要となるケースが多い)

・小児矯正に使用する装置は、その多くが家庭で患者さん本人に装着してもらうタイプのものなので、患者さん本人が治療に協力的でない場合には良い治療結果が出にくくなる"

Copyright © 矯正歯科豆知識 All Rights Reserved.